屋根 外壁 リフォーム 岐阜県
岐阜県リフォーム 中村ワークス
写メールでお見積り
実負担0円の雨どい修理
内装・水周りもお任せ下さい!
岐阜県リフォーム 中村ワークスメニュー
職人ブログ
テレビ出演
ラジオ出演 ・岐阜県岐阜市リフォーム中村ワークス
新聞・雑誌掲載 / 岐阜県岐阜市リフォーム中村ワークス
動画集 工事・塗装風景 / 岐阜県岐阜市リフォーム中村ワークス
ラジオ出演中村ワークスアワー ・岐阜県岐阜市リフォーム中村ワークス
ラジオ出演中村モトヒロのリフォームここだけの話 / 岐阜県岐阜市リフォーム中村ワークス
中村ワークスについて 岐阜県岐阜市 リフォーム会社
リフォーム 岐阜県 はじめに
リフォーム 岐阜県 中村ワークスとは
リフォーム 岐阜県 ごあいさつ
リフォーム 岐阜県 会社概要
リフォーム屋根 岐阜県 アクセスMAP
リフォーム 岐阜県岐阜市 中村の仕事への考え方
岐阜県リフォーム お客様の声
岐阜県 リフォーム このホームページ製作に
            あたり
一介の下請け職人がホームペ
  ージを立ち上げた理由とは?
リフォーム外壁塗装 BBS(掲示板)
リフォーム 岐阜県岐阜市 屋根塗装  工事メニュー リフォーム 岐阜県 屋根塗装
リフォームの達人 屋根工事
   瓦屋根の場合
   スレート屋根の場合
   トタン屋根の場合
リフォーム屋根 外壁・雨桶工事
岐阜県リフォーム 防水工事
リフォーム岐阜県 エクステリア工事
リフォーム岐阜県各種工事の流れ
リフォームの基礎知識
リフォームをもっと知る
■リフォーム会社の選び方
■業界の悪しき習慣?
■瓦の種類と特徴(価格)
■塗装の種類と特徴(価格)
■屋根のワンポイントアドバイス
■塗装のワンポインアドバイス
工事実績と参考価格
■屋根工事
■外壁・雨樋工事
■塗装工事
■防水工事
■エクステリア工事
■その他
よくある質問
■中村ワークスについて
■リフォームについて
■屋根工事について
■塗装工事について
中村ワークスのしくみ
■満足施工
■リフォームの流れ
■お客様への10の誓い
■お客様への10の約束
■中村ワークスの特徴
■職人について
■施工エリア
お得な情報
■特別レポート(リフォーム)
■特別レポート(塗装)
■メールセミナー
■リンク集
お問合せ
■資料請求
■社員募集
■協力業者募集
■メールde匿名見積り
■お問合せ
■プライバシーポリシー
最新情報
■ブログ
■What's New
■新商品・新工法
その他
■弊社で工事して頂いたお客様
              専用ページ
■設計事務所・工務店・
       建築会社様専用ページ

 

 

 

リフォームはまだという方!!
必見!!

リフォームで泣きを見ない為の
安心リフォームセミナー(7日間)

●登録無料 今すぐメールアドレスを!
        お名前(姓)
      お名前(名)
       メールアドレス
携帯からも閲覧できます。
QRコードを携帯電話のバーコードリーダで、読み込んでください。

中村ワークス携帯サイト
中村ワークス携帯HP
アステックペイント ASTEC


外壁塗装工事のワンポイントアドバイス

塗装してある外壁は、その美観と性能を保つために

定期的なメンテナンスが必要です。

しかし、材料や環境により経年劣化の速度も違い、

コストや時間も考慮すると、なかなか決断できないものです。


”今のままで問題ない”と思っていても、

雨漏り・その水による材料などの腐食など経年劣化の進行が連鎖し、

目に見えるトラブルが発生してからでは、余計なコストがかかってしまったり・・・。

そのメンテナンスをする見極めが重要です。

今回は、その目安としてチョーキング現象をピックアップします。

壁を少し触るだけで、誰でも簡単に確認ができるのでオススメです。


岐阜県の屋根外壁リフォーム 中村ワークス  

洗浄の動画 でも洗って落ちる水が白く濁るものは、チョーキングによるものです。

この現象が起きていると、壁が水をはじかなくなり、壁と水が触れている時間が増えて、壁の劣化が加速していきます。

大きなトラブルが起きる前に、お早めに塗り替えなどのメンテナンスをオススメします。




外壁塗装のワンポイントアドバイス

前回チョーキングでメンテナンスの時期を調べる事を書きましたが、

家全体の壁を触れるかと言われれば、難しいと思いますし

目に見えるキズ以外にも、小さなクラック(ひび割れ)などが

知らないうちに壁の内部に水などを進入させて入るかもしれません。


そこで大まかな塗り替えの時期をご紹介します。


基本的に10年で、長くても15年が目安になります。

目安の紹介でしたが、あくまでも目安で

これは家の環境や、構造上の問題、使う材料や材料同士の関係など

さまざまな要因で、その時期は変わってきます。

壁の症状にもいろいろあります。

クラック(ひび割れ)

岐阜県の屋根外壁リフォーム 中村ワークス


藻やカビなど


この症状があるだけでも、差し迫った問題があるのか?と聞かれれば

早めに塗り替えた方が良い場合もあれば、そうでない場合もあります。

皆様のご自宅の壁で、少しでも疑問に思う事があればお気軽にご相談下さい。




塗料の値段と性能1

住宅の建築物リフォーム・リニューアル工事受注件数で

屋根・外壁の塗装に関する工事が1位をしめています。


その受注件数の分、不具合も多く報告されています。


1位、屋根からの雨漏り

2位、外壁からの雨漏り

3位、外壁のひび割れ

4位、基礎のひび割れ

5位、床の傾斜

6位、内壁のひび割れ

7位、地盤の沈下

8位、開口部・建具の作業不良

9位、床鳴り

10位、開口部・建具からの雨漏り


戸建住宅の不具合件数の1位と2位が

屋根・外壁からの雨漏り=水の進入によるものです。

住宅内に水が浸入すると家の材料が、腐食したり、カビが発生が起こり、

住宅寿命が縮みます。


材料は外からの水の侵入を防ぐのに重要な役割を果たします。

だからこそ塗料選びは慎重に選ぶことをオススメいたします。


日本にて塗料を製造しているメーカーは、海外メーカーも含め

最低100社以上はあると言われています。

各メーカーがそれぞれ多くの塗料を作っており

その種類は膨大な数となります。


その何千種類もある建築用塗料の中で、どういった観点で

どんな塗料を選べば良いのか? 


塗料の選択は、施主様には非常に難しい問題です。

塗料を選ぶ際、”素材別”で選ぶ場合と”性能別”で選ぶ場合があります。



「素材別」

「アクリル塗料」「ウレタン塗料」         価格を重視

「シリコン塗料」           価格と耐久性のバランス

「フッ素塗料」                  耐久性重視

「光触媒塗料」               耐久性と美観重視


「性能別」

「遮熱性能」「耐熱性能」          夏場の暑さを軽減

「セルフクリーニング性能」        雨で外壁をキレイに

「防カビ性能」         湿気や雨が多い立地環境に対応

「汚れ防止性能」              外壁を汚れにくく


性能が万能な塗料は、コストが高くなっていたり

どれも一長一短で、

自分にさほど必要性がない性能がある塗料に、余分にお金は払う必要はないので

自分がどの性能が必要で、どんな色がよいのか、しっかり決めておきましょう。


塗料の素材紹介

はそれぞれ特徴があります。

建物の状況や現状の悩み、

今後の計画によって

選択する塗料は異なります。

塗料には樹脂(素材)の違いはもちろん、水性・弱溶剤、 機能性、添加剤など

さまざまな違いにより数多くの種類があります。

一言でこの塗料が良い、悪いと言える物ではなく塗り替えを行う

住宅の築年数や立地条件、劣化状況や素材などの建物の状況や、

お客様の住まいに関するご要望、希望、

今後この家をどのようにメンテナンスして何年住み続けるかなどにより

塗料を選ぶ事が大切です。

コストが安い順に紹介します。

アクリル

特徴
値段が安く、定期的に塗り替えを楽しみたい方むきの塗料。

デメリット
耐久機能が有効な間は防水機能があるが、外壁を保護する塗料としては、△

耐久性の目安
約3年〜5年


ウレタン

特徴
一般的によく使われる塗料で価格と機能のバランスが、○

デメリット
耐久性が劣るので長期的な外観保持には、△

耐久性の目安
約5年〜7年


シリコン


特徴
価格と機能のバランスが良く、カラーバリエーションも豊富。

デメリット
次の塗り替え時期まで十分な耐久性がなく、
建物を守り続けるのに不十分な場合もある

耐久性の目安
約7年〜10年


フッ素

特徴
耐久性を優先する方にオススメ。長期間にわたり変退色、色褪せや艶引けがなく、
耐久性において最高レベル。

デメリット
コストが高めで塗膜も硬いものが多く、ひび割れしやすいので、注意が必要です。

耐久性の目安
約10年〜



ピュアアクリル

特徴
高耐久性でありながら、防水に必要な高弾性を有している非常に優れた塗料

デメリット
トータルメリットは大きいがコストは高め。
純度の高い樹脂を使用した水性塗料の為、冬場の施工には工期がかかる

耐久性の目安
約10年〜


光触媒

特徴
汚れ防止を優先する人にオススメ。
太陽光と雨の自然の力でセルフクリーニング効果があり
環境にもやさしい。ECO塗料

デメリット
コストが高めで、光が当たらない場所は効果が薄くなる。
塗膜が硬いため、モルタル壁にはオススメしません。

耐久性の目安
約10年〜


塗料の樹脂(素材)だけでもこれだけの種類があり、

さらには様々な機能やオプションなども存在します。

劣化状況などを把握していただけると

その家にベストな塗料を提案しやすくなります。



素材は同じでも、性能は様々、

同じシリコン塗料・ウレタン塗料でもメーカーや商品によって

質は様々です。

基準としては、まずは耐久年数の把握を行いましょう。

シリコン塗料やウレタン塗料は、

一回の塗り替え価格が機能性塗料に比べ安価なものもあります。

ただし、素材の塗料でも耐久性はまちまちで、

一般的には、前回の素材紹介 からもわかるように、

シリコン塗料は約7年〜10年

ウレタン塗料では約5年〜7年

ほどの耐久性になります。

ここで視野に入れないとならないのが、次回の塗り替え時期はいつにするかということ。

もし次回の塗り替え工事を10年以上先でお考えなのであれば、

ウレタン塗料やシリコン塗料では耐久性が不十分な場合があります。

なお一般的な塗り替え頻度は約10年〜13年と言われています。

この耐久年数は、高い塗料は一回の塗り替えコストは、高くなりますが

長期的に見るとコストが安くなる可能性があります。

60年住んだ場合の塗装メンテナンス費用の比較例

耐久年数  7年    80万 ×  8回  =  640万

耐久年数 10年   100万 ×  6回  =  600万

耐久年数 15年   130万 ×  4回  =  520万

長期的に見ると、耐久性の低い塗料の方がコストが高くなる可能性もあります。

一回の塗り替えコストには、塗料代金だけでなく、足場代、職人の人件費など

様々なコストがかかりますので、そちらも検討された上で塗料を選びましょう。





オススメ塗料紹介 @



防水塗料が主流となる時代


  アステックペイントでは、過去様々な機能商品の開発を行ってきましたが、

EC−2000の継続的な開発を最も重要視してきました。

理由は、建物を守るためには本質的に  「防水性能」   が最も必要だからです。

 
  しかしながら防水塗料の欠点は、単層弾性塗料で明らかになっているように、

防水性と耐久性の両立が技術的に難しいことです。その問題を解消する為に、

国内では防水塗料と耐久性を有するトップコートの組み合わせの

「防水系複層塗材」が中心となっています。

しかし、下塗り含め5工程が必要な複層塗材は価格が高く市場には

受け入れにくくなっています。

このような背景から、防水塗料が外装市場で主流になることはありませんでした。


  さらに住宅市場では、外壁の80%近くがサイディング素材となっており、

特に窯業系サイディングに防水塗料が塗られることはタブーとされてきました。

その背景には、過去に数多くの単層弾性塗料が塗装されたが、

その多くが膨れを引き起こし、その改修に苦労を要した経験があります。

理由は水を通さない防水塗料は透湿性(湿気を通すこと)を

有することが技術的に難しいので、結果として膨れてしまったからです。

  その経緯の中で、「サイディング外壁には防水塗料が塗れない」という事実から

「サイディング外壁には防水塗料を塗る必要が無い」という

概念が出来上がってきたようです。

 
  実際は、サイディングにも防水塗料は必要なのです。

特に目地部のシーリングと接点がある小口に水が浸入することにより

サイディングは反り等を,引き起こし寿命を著しく低下させます。

現在ほぼ全ての塗料メーカーは、窯業系サイディングでの塗り替えでの塗装工法は、

「シーリング後打ち工法」を推奨しております。

理由は、硬質系の塗料を塗らざるを得ない状況の中で、

シーリングの上から塗装することで、塗膜のひび割れを発生させてしまう為です。

しかし現実的には「シーリング後打ち工法」では、

施工者の技術レベルにより小口の一部は露出を招いてしまい、

結果として水の浸入が起こるケースがあります。


  現在、防水塗料が見直されています。最大手のハウスメーカーのダイワハウス工業では

窯業系サイディングの塗り替えに「シーリング前打ち工法の上に防水系複層塗材工法」

が採用され注目を浴びています。

理由は、防水塗料こそが、

長期に渡りコストを抑えながら建物を守る事ができるという結論に至ったからだと考えます。
 

アステックEC−2000は、

単層弾性塗料でありながら、防水性複層塗材の性能を有する国内唯一の塗料となります。

今後、EC−2000の優位性が見直されることになることでしょう。

今年の秋より新EC−2000がリリースされることになりました。

今回のバージョンでは、さらなる性能アップを実現しながら、

初期硬化時のタックの問題等も解消し、

さらに多くの要望がありました「艶消し」EC−2000も登場することになりました。



岐阜県で扱っている業者は、弊社を含めても、まだ5社だけで

値段は普通の塗装より少し高めですが、その分 クラックに強いなど、耐久力が高く

塗装の中の材料の寿命も考えれば、長持ちするので、

この機能を考えればコストパフォーマンスも優れていると言えます。



塗装のワンポイントアドバイス におい

屋根や外壁の塗装はしたいけど、臭いが気になるという方に

においの少ない塗料を提案させていただきます。

塗装の工程では、

養生〜下塗り〜中塗り〜上塗り 乾燥

塗りも含め、乾燥時も匂います。

その間は窓も閉め切る事になりますので、においも中までにおう場合があり、

換気もしにくいです。

確かに塗装は、においます。

”油性(溶剤)タイプ”は、臭います。

臭いの気になる方は、

”水性タイプ”をオススメします。

水性タイプは、油性に比べにおいが、格段に少ないです。

中には、日本ペイント様の 『ハナコレクション』 という塗料は

バ ラ の に お い のする塗料があり、臭い塗料ではなく 

塗り時に、バラのにおいを楽しめる。という製品もあります。

ただし水性タイプにも、デメリットもあり、

乾燥時間が油性に比べ長く、完全に乾くまでは、雨も良くありません。

アレルギーが気になる方や、お子様がいて健康面が気になる人は、

化学物質の配合を抑えた。

『オーデフレッシュ Si100V』 こちらも日本ペイント様の製品です。

従来の塗装に含まれていた。

ホルムアルデヒドなどの有害な化学物質の24種を配合しておりません。

今回、お客様から、塗装のにおいや化学物質の少ないものは、ありますか?と相談を受けたので

こちらにも紹介させていただきました。

ブログを見ていただいてる方も、身近な疑問などありましたら、

お気軽にご相談下さい。

リフォーム岐阜県 中村ワークス
Copyright(C)2007 Nakamura-Works All Rights Reserved.