☆ リフォーム会社ってどんな会社? ☆

by  on 2016年03月19日 

最近のリフォーム会社はいろいろな業界からの参入が増えていますがリフォーム業ほどキャリアが必要な商売はありません。

リフォーム工事は、何もないところから家を建てる新築工事よりもはるかに難しいといわれ、たとえ新築工事の実績豊富な業者であっても、必ずしもリフォーム会社として優秀とは限りません。

経験の浅いリフォーム会社ならなおさらです。

リフォームは、もともとの家に手を入れる仕事ですから、建物全体を知っていないと安全できちんとした仕事はできません。

特に間取りの変更や増改築など、建物の構造にかかわる工事ではできるだけお客様の要望に沿った工事ができるか否かがリフォーム会社の腕の見せ所です。

やはり長い時間をかけ、研究、工夫を繰り返し、時には失敗もしながら経験を積んだ、キャリアの長い会社をお薦めします。具体的には10年程度を一つの目安としてください。

一口に『リフォーム』といっても、網戸の張替えや水栓を交換するなどの軽微な仕事から、屋根の全面葺き替え、浴室をユニットバスに交換、建物の塗装塗り替え、間取りの変更・増改築などの大規模な工事までさまざまです。

このすべてをこなしていくためには、専門知識を持った建築技術者が必要です。

一級建築士や一級建築施工管理技師等の国家資格を持った人たちをスタッフに持つのは当然です。

リフォーム会社を選ぶには、これまでどんな工事をやってきたか社員がどんな資格を持っているかなど、きっちり調べることが必要です。

—–