☆ 外壁の劣化 クラックの種類 ☆

by  on 2016年03月28日 

◆◆ クラックの種類 ◆◆

外壁に起きるひび割れを『クラック』といいますが、その症状もいくつかに分かれます。

また、症状別に対処法も変わってきますので、ご紹介したいと思います。

 ■ ヘアクラック
     建物の外壁や内壁・基礎などに発生した亀裂やひび割れ(クラック)のうち、髪の毛のように幅が小ささく浅いひび割れのこと。主に塗膜にできます。

0.2~0.3mm以下 の細く深さのないものを指します。

ヘアクラックに関しては、早急な補修は必要ない場合も多いと思われますが、放置しておくとそこから水や二酸化炭素が浸入し、内部構造に影響を与えることが考えられますので、ある程度の段階で補修が必要となります。

クラック

 ■ 乾燥クラック

  外壁を作る方法には、湿式工法と乾式工法があります。

湿式工法は外壁塗装に必要なモルタルや土壁などの材料を現場で作り、それを壁に塗り施工する方法です。

そして乾燥クラックは湿式工法のモルタルによってできるひび割れです。

原因として、モルタルが乾かないうちに塗料を塗ってしまうことで発生してしまいます。

乾燥途中のモルタルは、乾燥するにつれて収縮し、ひび割れを作ります。

乾燥クラックは、モルタルの構造上避けられないものです。

 ■構造クラック

設計、施工上の欠陥によって生じる建物の外壁や内壁、基礎などにできる亀裂やひび割れのこと。

地震や地盤沈下などが原因で起こることもあります。

構造クラックは0.3mm以上のクラックで、深さが5mm以上あるものを指します。

ひび割れの幅が広いため、そこからコリや雨水などが外壁内に侵入しやすく、外壁を劣化させる危険性があります。

礎の強度が低下して建物を支えられなくなる危険性が出てくるので、地震でクラックが動くことが考えられます。

ですから、弾力性の強いシーリング材でヒビを埋めることが重要です。

危険性の高い構造クラックは、十分な補修が必要です。

クラック
クラック

■ ふち切れによるクラック

モルタル外壁を中心とした湿式工法の場合は、一気に一面を仕上げるのが基本的な方法です。

しかし、途中で何からの理由があり、作業を中断・部分的にやり直しを行うなどすると、
一面の塗装に新旧の塗り継ぎ面ができてしまいます。

その結果、新しい面と古い面の塗り継ぎ部分にひび割れが生じることがあります。

—–