☆ 大きな会社のほうが信用できる? ☆

by  on 2016年03月19日 

リフォーム会社を選ぶポイントはどこですか?

会社が大きくて有名だと、それだけで立派な気がして信用できそうですよね。でも実際にそうなのでしょうか。

リフォームにあたって一番大事なことは、お客様のことを考え快適に暮らせるような提案と施工を行えることだと思います。

もちろん料金設定だって重要なポイントです。

リフォーム業者には、リフォームを専門にしている業者だけではなく、業務の中にリフォームが含まれる業者、異業種なのにリフォームを取り扱っている業者もあります。

つまり、リフォーム業者には、自らリフォームをしない業者もあるということです。

異業種の業者がリフォームを扱っていることを不思議に思うかもしれませんが、施工できる下請を手配できれば、受注だけすることも可能です(条件はあります)

大手の会社が仲介役となり、中間マージンを取って下請けに頼む、ということは珍しくありません。

下請けをさらにその下の孫請けにまわすこともあります。

したがって、大手会社だから自社施工とは限らないのです。

また、会社を広く知っていただくために広告は不可欠です。

会社の建物が立派、広告が派手、従業員が多くて…となるとそれだけで信用しがちになりますが、裏を返せばそれだけ維持費、広告費、人件費とかかっているということになります。

そしてその費用はリフォームの料金設定でしっかり反映されているというわけです。

こういったことから、小さいところよりも大きな会社の方がどうしても数倍高くなってしまうのです。

満足のいくリフォームが行えるよう、会社の大きい小さいに惑わされず自分に合った会社を選ぶことが大切だといえます。

—–