☆ 屋根について 瓦屋根編 ☆

by  on 2016年03月18日 

前回のブログで屋根の劣化についてご紹介しましたが、より詳しく

屋根の種類別にご紹介したいと思います。

『屋根』と一言でいっても、実はいろんな種類があります。

瓦、スレート、金属。ご自宅の屋根はどれにあてはまるかご存知ですか?

まずは瓦屋根について。

● 瓦 ●

日本人に一番馴染みが深いのは『瓦屋根』ではないでしょうか。

ただ、瓦といっても現在は様々な種類があり、瓦の種類によっても

メンテナンス方法は異なります。

一般的に『瓦』と呼ばれるものは、正式には『粘土瓦(焼き瓦)』という名称「です。

さらに、釉薬を使用している『釉薬瓦』と釉薬を使用しない『無釉薬瓦』『いぶし瓦』に

分けられます

 
 ・釉薬瓦(陶器瓦)
   伝統的な瓦で、現在でも多く使用されている。
   瓦の代表とも呼べる存在。和風住宅だけでなく、洋風住宅でも
   用いられます。

 ・無釉薬瓦
   釉薬を使用しない瓦。成形し生地をそのまま焼き上げる素焼き瓦と
   金属酸化物を練りこむことで発色させる練りこみ瓦があります。

 ・いぶし瓦
   いぶしで形成した瓦のこと。
   いぶし銀の色艶が高級感を出しています。

 
 ・セメント瓦
   セメント製の瓦。基本的に色は塗装でつけるため、
   定期的な屋根塗装によるメンテナンスが必要。

—–