☆ 工事は段取りが大事 ☆

by  on 2016年03月28日 

リフォームを発注したら、その翌日から工事に取りかかれるわけではなく、工事の前、工事中に様々な段取りが必要です。

そしてこの段取りを行うのが現場監督です。

まずは材料(商品)の手配、職人さんの手配など。

そして、これらを段取りよく行えるかどうかで工期も異なってきます。

この両方をうまく手配することができたら、工程の半分以上はすでに見通しがついたといえます。

特に作業に問題がなければ、完成までスムーズにいきます。

しかし、これがうまくいかないことも多々あります。

発注した商品が期日に届かない、職人さんが何かの都合で遅れてくる、など、実際の現場では予定通りにいかないことも多くあります。

工期が短い工事の場合、段取りのミスがひとつでもあると、あとの工程が全て影響を受けるため、予定通りに仕上がらないこともあるといえます。

段取りの良い監督だと、臨機応変に対応することができるので、現場の流れを止めることなくスムーズに手配することができます。

その結果、工事が工程どおりに仕上がるというわけです。

工事をスムーズに進めるには、現場監督の采配にかかっているともいえますね。

—–