☆放っておくと怖~い雨漏りについて☆

by  on 2016年03月17日 

こんにちは!中村ワークスの中田です。

本日は 【 雨漏り 】 についてのお話です。

建物のお悩みで多いのが「雨漏り」なのですが、雨漏りがおこると
家にとって深刻なトラブルを引きおこす原因になるんです。

それでは詳しくご紹介しますね。

◆◆ 雨漏りについて ◆◆

雨漏りに気付くきっかけは「天井から雨水がポタポタと落ちてきた時」が一番多いかと思います。
そして、雨がやんだらすぐにしずくが止まることがほとんどなのでそのまま放置される方も多いのです。

雨漏りのやっかなところは、雨が降るたび雨漏りをおこすのではないので、
一度雨漏りが起こったとしても毎回雨漏りしなければ、たまたま雨漏りして
しみが出来ただけで大きな影響がないと考えてしまいがちです。

しかしそれは大きな間違いです。
一度雨漏りした時点でもうすでに雨水の浸入経路が出来てしまっているのです。
目に見える雨漏りの被害が出てきているということは家屋に対して
何かしらの悪影響をすでにもたらしている可能性が非常に高いのです。

屋根から雨漏りを行っている場合にしろ、壁から雨漏りをしている場合にしろ、
雨が進入したからといってすぐに雨漏りになることはありません。
多くの場合は天井裏などの隙間があり、許容範囲を超えた結果初めて雨漏りとして
目に見えるようになるからです。
そのままにしておくと、通気性の良い天井はすぐに乾きますが、
換気の少ない屋根裏の水はなかなかそうはいきません。

最初の軽度の腐食だったとしても、天井裏で太陽の光も届かない
じめじめした場所では、腐食はどんどん進行していきます。

家の基礎材の木にとって、水は天敵ですし、屋根裏は高温多湿になりやすく、
そこに雨漏りで水が進入してしまうとますます湿度が上がって木材を傷めます。

それに湿って柔らかくなった木材はシロアリの大好物なの、シロアリの被害が同時に起きると
家は大ダメージを受けます。

小さな不具合を放っておくと、構造的な部分や裏側で被害が広がり
修理に莫大な費用がかかる恐れがあります。

たま、建物の被害以外にも、雨漏りによって漏電がおきたり、ジメジメした環境で
カビが発生し、カビを餌にするダニも集まってくるため
アトピーや呼吸疾患などの健康被害に発展することもあります。

【 屋根が原因の場合 】

・屋根の瓦のひび割れやズレ(地震の後などにはヒビやズレが起きることがあります。)

   ● 棟板金・釘の浮き

   ● スレートのひび割れ

   ● 瓦屋根の漆喰の崩れ

   ● 瓦の割れ・ずれ

   ● 谷樋に穴が開いている
                  など

【屋根以外の原因】

・外壁やサッシの老朽化によりひび割れて起きることがあります。

   ●サッシ周りのシーリング・コーキングの劣化

   ●ビス・取付の貫通部分の劣化
                 など

【 雨漏りをそのままにしておくと 】

   ●雨水が住宅の内部に入り込み、カビ臭くなったり天井にシミができる。

   ●部屋の中に雨漏りが起きていない状態でも、
    天井裏は水浸しの状態になっていることがある。
   
   ●湿度が高くなった状態が続くと木造部分・鉄骨部分が腐食する。

   ●湿気った木材はシロアリの大好物なので、
    腐食とシロアリの被害が同時に起きると家の寿命があっという間に短くなる

   ●家電が濡れることで漏電を引き起こすことがある。

   ●カビが発生しやすく、カビの種類によっては
    アレルギー感染症の原因や人体に悪影響を及ぼす。

   ●腐食が進行してしまうと、修理費用が莫大になる恐れがある。

雨漏りって怖いんですねえ。

今現在、雨漏りでお困りのお客様がいらっしゃいましたら、
「たかが雨漏り」と放っておかず、お早めに対処されることをお奨めします。

その際は、ぜひ中村ワークスまでお気軽にお電話くださいませ♪
お見積もりは無料です!

—–