屋根材について

by  on 2012年09月18日 

岐阜県の屋根外壁リフォーム 中村ワークス

雨水や紫外線から住宅を守ってくれる屋根は、放っておくと、

屋根材が劣化し腐食を招き、雨漏りが発生したり、思わぬ損失を被る事があります

家の中のどの部分よりも過酷な条件下にある屋根は、最もメンテナンスに注意を払うべきなのです。

現在お住まいの家が瓦屋根ならば、ズレや欠けはないか?

セメントを主原料にしているスレート屋根ならば、雑草やコケが生えてないか?

などがメンテナンスが必要だという1つのサインになります

築10年が経過している住宅のスレート屋根なら、

葺き替えるまえに塗装を施すことで

屋根の耐久性がアップし屋根材を長持ちさせる事ができます

瓦の場合は基本的に塗装は施さないため、部分的に取り替える事になります

ちなみに屋根の塗装には足場代を入れて約50万円前後の費用が、葺き替えとなると、

使用する材料により変動がありますが、100~200万近くかかります。

しかし、場合によっては塗装メンテナンスや葺き替えを行っても、点検が甘かったり

必要な工程を抜いたりしてしまうと、反対に住宅の寿命を縮めてしまう場合があるのです

それぞれの屋根材の工程や、点検箇所を自分でも知っていると

工事内容を見た時に安心できます

—–