救援物資を

by  on 2011年03月18日 

昨日、スーツ工房okamoto
さんのブログで、岐阜の経営者3人が、トラック4台で、東北の被災地へ救援物資を運ぶことを知った私は、今まで、私にできることは?と自問自答してきました。

3名の勇士が援助物資を運んでくれるとの記事。


三承工業 西岡社長様

俺ん家めしグループ 松岡社長様

美濃電工社 高瀬社長様

はっきり言って感動してしまいました。

震災が起きてからは、いろいろな機関を通して、合計10万円くらいの募金をさせて頂き、その後は、私にできること?私たちができることを模索しておりました。

そのひとつが、現在、弊社の目印でもある、21号線の電光掲示板と、河渡橋の電光掲示板で、募金を呼びかけようと・・、みんなの一歩が被災地の方々を救えるのではないかと・・。

そう思いました。

今日、看板屋さんに、設置以来、初めて、LED看板に流れる文字を、被災地救援の文字一色に変える決意をしました。

こんなときに、中村ワークスの宣伝をするより、そういった岐阜県人の方々に協力を呼びかけた方が、何倍も良いと考えたからです。

そして、今日。

被災地の方々に、勇気と愛情を届けたいと思い、薬局、スーパーを何軒もハシゴして、オムツ、介護用オムツ、トイレットペーパー、カイロ、そして、カップラーメン70食を買い込んできました。

photo:01
photo:02


photo:03


photo:04


明日、トラックに積めて、集荷場所まで運ぼうと思います。

同じ日本人が苦しんでおります。

他人事ではありません。

なんとか救いの手を差し伸べてください。

iPhoneからの投稿

—–