屋根 外壁 リフォーム 岐阜県
 
岐阜県リフォーム 中村ワークス
写メールでお見積り
実負担0円の雨どい修理
内装・水周りもお任せ下さい!
岐阜県リフォーム 中村ワークスメニュー
職人ブログ
テレビ出演
ラジオ出演 ・岐阜県岐阜市リフォーム中村ワークス
新聞・雑誌掲載 / 岐阜県岐阜市リフォーム中村ワークス
動画集 工事・塗装風景 / 岐阜県岐阜市リフォーム中村ワークス
ラジオ出演中村ワークスアワー ・岐阜県岐阜市リフォーム中村ワークス
ラジオ出演中村モトヒロのリフォームここだけの話 / 岐阜県岐阜市リフォーム中村ワークス
中村ワークスについて 岐阜県岐阜市 リフォーム会社
リフォーム 岐阜県 はじめに
リフォーム 岐阜県 中村ワークスとは
リフォーム 岐阜県 ごあいさつ
リフォーム 岐阜県 会社概要
リフォーム屋根 岐阜県 アクセスMAP
リフォーム 岐阜県岐阜市 中村の仕事への考え方
岐阜県リフォーム お客様の声
岐阜県 リフォーム このホームページ製作に
            あたり
一介の下請け職人がホームペ
  ージを立ち上げた理由とは?
リフォーム外壁塗装 BBS(掲示板)
リフォーム 岐阜県岐阜市 屋根塗装  工事メニュー リフォーム 岐阜県 屋根塗装
リフォームの達人 屋根工事
  瓦屋根の場合
  スレート屋根の場合
  トタン屋根の場合
リフォーム屋根 外壁・雨桶工事
岐阜県リフォーム 防水工事
リフォーム岐阜県 エクステリア工事
リフォーム岐阜県各種工事の流れ
リフォームの基礎知識
リフォームをもっと知る
■リフォーム会社の選び方
■業界の悪しき習慣?
■瓦の種類と特徴(価格)
■塗装の種類と特徴(価格)
■屋根のワンポイントアドバイス
■塗装のワンポインアドバイス
工事実績と参考価格
■屋根工事
■外壁・雨樋工事
■塗装工事
■防水工事
■エクステリア工事
■その他
よくある質問
■中村ワークスについて
■リフォームについて
■屋根工事について
■塗装工事について
中村ワークスのしくみ
■満足施工
■リフォームの流れ
■お客様への10の誓い
■お客様への10の約束
■中村ワークスの特徴
■職人について
■施工エリア
お得な情報
■特別レポート(リフォーム)
■特別レポート(塗装)
■メールセミナー
■リンク集
お問合せ
■資料請求
■社員募集
■協力業者募集
■メールde匿名見積り
■お問合せ
■プライバシーポリシー
最新情報
■ブログ
■What's New
■新商品・新工法
その他
■弊社で工事して頂いたお客様
              専用ページ
■設計事務所・工務店・
       建築会社様専用ページ

 

 

 

リフォームはまだという方!!
必見!!

リフォームで泣きを見ない為の
安心リフォームセミナー(7日間)

●登録無料 今すぐメールアドレスを!
        お名前(姓)
      お名前(名)
       メールアドレス
携帯からも閲覧できます。
QRコードを携帯電話のバーコードリーダで、読み込んでください。

中村ワークス携帯サイト
中村ワークス携帯HP
アステックペイント ASTEC






■スレート屋根 張替え工事
■カラーベスト→カラーベスト/



■スレート屋根 張替え工事
■カラーベスト→平板瓦桟葺き/



   

■スレート屋根 カバー工事
■カラーベスト→横葺きガルバリウム鋼板/



■スレート屋根 カバー工法
■カラーベスト→横葺きガルバリウム鋼板/





   

■塗装工事
■カラーベスト屋根 塗装工事/




■塗装工事
■カラーベスト屋根 塗装工事/




   



   
   

Q:カラーベストの塗り替え時期って何年くらいなんですか?
A:塗料の種類によっても変わってくるのですが、おおよそ10年ほどで一度塗り替えをご提案させていただくことが多いです。コケや色あせによって損なわれた美観の回復と、紫外線や風雨の影響で劣化したスレート材本体を再コーティングしてあげることで、耐久性を高め、結果的に屋根が長持ちすると思います。
面倒だから、と放置していると、屋根材ばかりか下地にまで雨が回り、下地ごと交換しなくてはならないなんてことも・・・。
Q:スレート屋根の張替えは絶対に必要?
A:きちんとメンテナンスを行っていれば絶対という事はありませんが、いつかは限界が来ると考えたほうが良いかもしれません。それが20年後なのか30年後なのか、はたまた50年持つのかは、使い方とメンテナンス次第ですが・・・。
スレート屋根の塗装や張り替えを考えるときに、「その屋根を後何年使うつもり」なのかを考えてプラン立てをすると、無駄のない計画が立てられると思います。
Q:「縁切り」って何?
A:屋根材と屋根材の間がぴったりとくっついていると、裏に回りこんだ水の逃げ道がなくなり、下地を腐朽させる原因になります。さらに、毛細管現象によりストローのように水を吸い上げてしまう場合もあり、またその水が逃げ道をなくすという悪循環に陥ってしまいます。
それを避けるため、屋根材と屋根材の間に隙間を作ることを「縁切り」と言います。 スレート屋根の塗装を行った際などには必ず必要になる工程です。
タスペーサーと呼ばれる器具を挿入して隙間を作る縁切り方法もあります。
Q:張替えとカバーって、どっちがいいの?
A:どちらにも一長一短があり、どちらが優れているとは言えません。コスト面や工期ではカバー工法のほうが優秀ですが、下地や既存屋根材との兼ね合いで、自由なデザインが出来ないこともあります。重量も増加するため、下地強度や耐震性の問題もあります。
葺き替えは、一度まっさらにして作り直すため、デザインの自由度は高くなります。しかし、前述のように工期もコストも高くなりがちです。
Q:診断・点検の時間はどれくらい?
A:状況にも拠るのですが、診断・点検で10分〜20分。ご説明で10分くらいでしょうか?